最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

レジスターと言えば最近はPOSレジを指すことが主流になってきています。
POSシステムを利用したレジのことで、商品管理や在庫管理、売上げ管理などを一括で行うことができます。
小売店を始め、飲食店やサービス業など、様々な現場で使用されていて、売上げ上昇にも大きく役立っています。
どの商品がいくつ売れたかをリアルタイムで見ることができるので、商品仕入れや発注の精度を高めることができて、不要な在庫を抱えなくてすむというメリットがあります。
また、業務が効率化されて人為的ミスを防ぐのにも役立ち、コスト削減と売上げ上昇へと繋がります。
操作性が高いので、アルバイトやパートの方でも簡単に扱う事ができ、人件費削減にも貢献してくれます。

今やどこの業界でも金銭授受が発生するところなら導入されているのがPOSレジという製品です。
以前までのレジスターからより発展していて、データ管理がしやすく手作業を減らすことができます。
例えば、飲食店なら、お客様の注文を取るためにハンディタイプの機器で注文をワンタッチでチェックすると、それが調理場へと瞬時にオーダーが入り、それと同時にレジへも登録されます。
お客様の会計時にお待たせする事なく集計作業を行うことができて、スムーズに会計業務を終えることができます。
また、人為的なオーダーミスや会計ミスを減らすことができるので、コスト削減にも大きく役立つのです。
あらゆる視点からデータ分析を行うことができて、お店の経営戦略を固めるのにも役立ちます。

スマートフォンやタブレット端末の台頭によって、飲食業界や販売業界などを中心に話題になっているのが、タブレットタイプのPOSレジです。
タブレット端末とクラウドサービスなどを連携して稼動運用されているため、初期費用を抑えて導入する事ができます。
管理機能も充実していて、売上げだけでなく様々なデータを一括管理することができます。
また、クラウドサービスを利用しているなら、詳細な売上げ分析を行なう事ができて、ショップの今後の運営にも生かす事ができます。
さらにタブレットなので持ち運びすることができてスペースを取らず、小規模店などでも導入しやすいというメリットがあります。
様々なデータとの組み合わせが可能で、実店舗とネットショップでデータを共有するなどの使用方法も可能です。

オススメリンク

アフターサービスも充実のレジスター専門店|マサキストア

進化

商品の管理は商店経営において、最も煩雑な作業の一つです。お店…Read more

関連リンク